鰻と地酒 稲毛屋ブログ

静岡の酒と水炊きを味わう会(第一部)

寒くなりましたね。
お燗や鍋が美味しい季節になりました♪

さて、稲毛屋では下記日本酒会の参加者を募集しております。
ちょうど新酒が出でくる時期ですので、出来立ての新酒や熟成酒と紅ふじ鶏の水炊きを味わってみませんか?

静岡の酒と水炊きを味わう会

日時 : 12月2日(月) 19時
会費 : 7500円

昨年の会の出品酒です。
英君、正雪、臥龍梅、志太泉、磯自慢などなど。

a0310573_8164424.jpg


お料理は紅ふじ鶏の水炊きの他に由比の生桜えび他各種酒肴、最後は鰻のひつまぶしです!

尚、キャンセルは11月25日まで受け付けますが、それ以後は会費をいただきますのでご了承ください。
(第二部は3日に開催しますがこちらは満席となっております)

お申し込みは、メール(tohma@jg7.so-net.ne.jp)もしくはお電話(03-3822-3495)で。
なお、メールにてお申し込みの場合は当日連絡が取れる携帯番号を明記くださいね。

皆さまのご参加をお待ちしています!

スタッフ秋花
[PR]
# by inageyaunagi | 2013-11-19 08:19 | 日本酒の会

日本酒セミナー

ミスターKこと小番頭さんこと日下部さんのセミナーに参加してきました。
今回のテーマは「日本酒と酵母」
秋田で酵母の話を聞いてきたばかりだったので、楽しみでした。

酵母とは何かから協会酵母のそれぞれの特性など30分間の講義のあと、お待ちかねの試飲です。
1ステージごとに2種類の酒をブラインドで飲みます。
どちらが好きかそれぞれ選び、それが4ステージ用意されています。
そして最後に№1を決めるという趣向です。

天青、新政、正雪、臥龍梅、来福、天吹などを飲み比べました。
お馴染の亜麻猫は最初にリンゴのような酸が感じられたし、苦手だった花酵母は香り豊かで飲みやすかったし、驚きの発見続出でした。

会場である大森・吟吟さんのお料理は美味しく、3時間半があっという間でした!

a0310573_2075581.jpg


その後は大森・柏庵で懇親会。
酵母の勉強をしてきたというと、お店の五味さんが金冠黒松の「八號酵母」を2種類出してくださいました。
協会8号酵母は昭和35年6号酵母の変異株として分離されたのですが、濃酵酒向きだったため時代のニーズに合わず発売中止となった幻の酵母です。
まさにタイムリーなお酒をありがとうございました。

a0310573_20145079.jpg


セミナーに興味のある方は小番頭さんへ。

http://ameblo.jp/kobantoo/

スタッフ秋花
[PR]
# by inageyaunagi | 2013-11-17 20:17 | その他

秋田蔵見学 二日目

朝からお邪魔したのは「ゆきの美人」を醸す秋田醸造株式会社さんです。
300石仕込みの蔵でマンションの一階にあることで有名ですね。

a0310573_832867.jpg


コンパクトなので作業がしやすいし、新しいので中は非常に清潔感にあふれています。
ただ秋田市内なので水質が酒造りに向かず、水は離れた場所まで汲みに行ってるそうです。

a0310573_835610.jpg


昨年から全量純米になり、山田錦・雄町・愛山以外は秋田のお米(酒こまち・美郷錦・吟のせい)を使用しています。
全量酒造好適米です。

小林さんはところどころ「十四代はこうやってるね」とか「ゆーすけのところはこうだけど」と比較して説明してくださり、それがとてもわかりやすかったです。

a0310573_8405643.jpg


麹室で一部つきはぜ、一部そうはぜのお米を食べさせていただきました。

a0310573_8415057.jpg


造り始めの酒母やふつふつと元気な山田錦のもろみを味見しましたが、どちらもそれだけで美味しい!
すっかり「ゆきの美人」ファンになりました。

次はすぐ近くの新政酒造株式会社さんへ。

a0310573_845786.jpg


↑昭和臭がするのでどうにかしろ!とNEXTの皆に突っ込まれていた看板です(笑)

祐輔社長は表彰式で仙台にいらしたので、高橋さんという女性の蔵人さんが案内してくださいました。
新政さんは大変大きなお蔵さんなので、精米所あり蔵がいくつもあり迷子になりそうでした。
最近釜場が移動したので、衛生面が非常に良くなったそうです。

ラベルを貼るためのラインがなつかしい町工場的ですが、このラインも祐輔社長が改造して管理しやすくしたそうです。
全量純米化、全量酒造好適米、速醸酒母の廃止、白麹使用など色々なさってますが、蔵人さんたちが動きやすいように改造も社長がやっているとのことでした。

a0310573_8544089.jpg


高橋さんが絶賛していた洗米機は蔵で改造に改造を重ねた優れもので、糠をしっかり取るので常温でおいといても赤くならないそうです。
酒造りは洗米が非常に大事だと仰ってました。

a0310573_8524287.jpg


そして巨大な甑。これの横に少し小さい甑もあります。
蒸気がもうもうとあがっていました。

a0310573_857365.jpg


扇風機の向こう側がペンキ塗りたてになっているのがわかりますか?
この塗りたての場所で新しい何かが行われます。
私たちも聞いてびっくりしたのですが、それが何かはお楽しみに!

a0310573_926818.jpg


手すりが新しいこの蔵。
あの6号酵母が発見された蔵です!

a0310573_8592610.jpg


女性の蔵人さんはしきりに祐輔社長のマイペースぶりと天然ぶりを嘆いてましたが、その奥には新政に対する愛情と社長への尊敬が感じられました。

オマケ
前日の祐輔社長。

「新政6のRとかSとかXって何ですか?」の質問に、「Rはレギュラー、Sはスーペリア、Xはエクセレント」と教えてくださいました。

a0310573_941386.jpg


オマケのオマケ
ぐだぐだの集合写真

a0310573_944274.jpg


そして新政の会が来年7月8日に決定しました!!
ゆきの美人の会も現在調整中です。

昨年は春霞さんと一白水成さんと雪の芽舎さんにお邪魔しましたが、今年も秋田に来ることができました。
秋田は自然が厳しいところですが、食べ物と酒が美味しくて大好きです。
そして普段はライバルの蔵元さんたちが、日本酒を広めるという意義のもとに団結する姿勢がとても素敵です。
また来年も秋田に行けるといいな♪
その前にクリスマスはNEXT5の「Shangri-la 2013」で乾杯!!

スタッフ秋花
[PR]
# by inageyaunagi | 2013-11-16 09:30 | 蔵見学

秋田蔵見学 一日目

13日水曜日、白瀑と山本を醸す山本合名会社さんを訪問しました。

a0310573_20161948.jpg


山本さんは自ら田んぼを耕して稲を収穫しています。
海が見える棚田です。

a0310573_20142378.jpg


そしてこれが「白瀑神社」にある「白瀑」です。

a0310573_20152972.jpg


これは今年のNEXT5の共同醸造2013年12月24日発売の「Shangri-la 2013」のタンク2本です。
2本を酵母違いで仕込み、出来上がりの違いを見て、混合してから出荷するそうです。

a0310573_2022716.jpg


麹室がある二階にはBEATLESが流れています。
蔵人さんたちが楽しく働けるようにとの気遣いです。

a0310573_20231438.jpg


山本さんの酒造りの特徴としては米作り、裏山からの湧水使用、高温糖化、一部自家精米、無洗米機使用、瓶燗火入れ、やぶた後のフィルター、などなど。

見学の後に山本さんのご自宅にもお邪魔しましたが、ここがまた素敵なところでした!
日本海が真下のがけっぷちに立つ北欧の家。
優しい木の風合い、扉のないオープンな部屋割、サウナとミストサウナ完備、子育てには最高の家です。

a0310573_20321930.jpg

a0310573_2032555.jpg


山本さんには蔵に入る前から入った後、セクスィー山本酵母の話、もちろん酒造りのこだわりなど色々な話を聞かせていただきました。
来年は稲毛屋で会もありますので、そのお話も。
ここには詳しい酒造りのことは書きませんが、かなり突っ込んだ話もしてますます山本さんと「山本」「白瀑」が好きになりました。

そして山本さんの車で秋田市内の「ん。」というお店へ。
由利牛の鉄板焼き、綺麗な小皿料理、ふぐ刺、塩焼き、鍋など秋田の食を満喫しました。

a0310573_20564942.jpg


お酒は「ゆきの美人」からはじまって「新政6」「山本大吟醸」「春霞」「天の戸」と何種類飲んだか記憶が定かではありません(汗)

一白水成の渡邉 康衛さんはお留守だったのですが、彼を除いたNEXT4の山本さん、佐藤さん、小林さん、栗林さん、酒屋の高良さん、稲毛屋3人の楽しい宴会でした。
お酒に弱く身体も弱い店主は途中気分が悪くなって何度も退席しましたが、私たちスタッフは全く気にせず飲みまくり、蔵元さんに「大丈夫か見て来なくていいの?」と言われる始末(爆)
NEXT4の皆さん本当にありがとうございました。

そして翌日は「ゆきの美人」さんと「新政」さんへ。
つづく。

スタッフ秋花
[PR]
# by inageyaunagi | 2013-11-15 21:15 | 蔵見学

連休のお知らせ

本日13日と明日14日は連休させていただきます。

日本酒担当スタッフ2名と店主で秋田蔵見学に行ってきます。

詳細は後日ブログにアップしますので、お楽しみに!
[PR]
# by inageyaunagi | 2013-11-13 10:00 | お店からのお知らせ



千駄木にある鰻と地酒の店です。日本酒、焼酎、お酒の会などの情報をお届けしています。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ありがとうございました。
at 2018-11-19 21:45
おはようございます!
at 2018-11-18 06:25
而今にごりキタ~
at 2018-11-17 11:28
毛利公大吟醸
at 2018-11-15 14:11
本日の鰻は
at 2018-11-15 10:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧