鰻と地酒 稲毛屋ブログ

<   2014年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

三千櫻蔵見学

昨日と今日、岐阜県中津川にある三千櫻酒造さんにお邪魔しました。
酒造りのお手伝いという名目の日本酒合宿です。

a0310573_1783967.jpg


岐阜の酒屋島本屋さんの山田一人店長の案内で、東京から4人、京都から1人、愛知から2人参加しました。
昨日は蔵見学と麹室にて若干の作業をさせていただきました。

a0310573_17114939.jpg


洗米機の説明をしてくださる山田杜氏。

ざっと蔵内を見た後は一人さんの案内で「おんぽいの湯」→宿の「準坊池」へ。
山田杜氏と奥様を交えての宴会です。
三千櫻を飲みつつじゃんけん大会などで盛り上がりました♪

a0310573_17144128.jpg


※ 秋の精は大人の事情で非売品です。

今日は朝6時に蔵に集合、麹室での作業です。

a0310573_17161836.jpg


いったん宿に戻りチェックアウト後、再び8時に蔵に集合。
蒸し米を麹室の前まで持って行き冷ます作業の後、男性と女性に別れて作業に入りました。
私たちは五百万石と愛山の種ふりです(緊張)

a0310573_17191837.jpg


種は胡麻を炒るときに使う小さな鍋に入れてふります。

a0310573_17203654.jpg


蒸し米のやわらかさでも違うみたいですが、五百万石はさらっとしていて愛山は粘りがありました。

その後は蓋の枠に布を縫いつけたり、酒粕をビニール詰めしたり、ガラクタを処分したりとこまごまとした作業が続きます。
これをいつもたった3人でやっているとは、本当に大変だと思いました。

お昼は直汲みしてきた「美郷錦」とともに岐阜の「濱芳」さんのデリバリーで牡蠣鍋をいただきました!
これがめちゃくちゃ美味しくて3杯お代りしちゃいましたぁ。

a0310573_17272711.jpg


山田杜氏、奥様、一人さん、濱芳の吉田さん、ご一緒してくださった皆さんお世話になりました。

蔵のお仕事は朝早くて肉体労働で大変だと頭では知っていましたが、ほんの少しでも体験してみてその作業の細かさ多さに驚きました。
そして手でお米を混ぜながら「美味しい酒になるんだよ」とお米に話しかけながら、その酒を飲む時を待ち遠しく思いました。

貴重な体験で感じたことを忘れないよう明日からも頑張ります!

スタッフ秋花
[PR]
by inageyaunagi | 2014-02-02 17:38 | 蔵見学



千駄木にある鰻と地酒の店です。日本酒、焼酎、お酒の会などの情報をお届けしています。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
8月酒会のメール申込みと5月..
at 2017-04-28 10:43
宝剣祭り!
at 2017-04-20 17:29
4/11の十四代
at 2017-04-11 05:59
秋の日本酒の会
at 2017-04-10 10:32
辻善兵衛を味わう会4/4
at 2017-04-05 09:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧