鰻と地酒 稲毛屋ブログ

大典白菊さんと燦然さんへ

昨日岡山まで蔵見学に行ってきました。

まずは岡山県高梁市成羽町にある「白菊酒造」さんへ。
六代目の渡辺さんとは何度も試飲会でお会いしており、来年4月に稲毛屋で酒会をやることになっています。

a0310573_827506.jpg


まずはその設備の大きさと充実さにびっくりしました。
昔、大手酒造メーカのOEM蔵だったこともあり、かなりの設備投資がなされていました。

白菊さんは雄町で有名な岡山にありながら、独自の酒米も使用しています。
10年の歳月をかけて復活させた「「造酒錦(みきにしき)」と、「白菊」です。

a0310573_8283358.jpg


充実した設備の他にも麹室では三宅杜氏による麹造りも行われていました。
たらいを使った「たらい麹」という方法だそうです。
菌種が出たらたらいで水分を出して、そのあと取り出しかわかすそうです。

a0310573_8364915.jpg


自動製麹機です。

a0310573_837021.jpg


絞り機が何台も並んでいます。

a0310573_8383970.jpg


ウィンターボムの添えが美味しそうに育っていました♪

穏やかで優しい渡辺社長さん、酒造りのお忙しい時にありがとうございました!
来年私の大好きな造酒錦のお酒を飲むのを楽しみにしています。

そして同じ岡山県倉敷市にある「菊池酒造」さんへ。
燦然を醸す菊池さん、営業担当の息子さんともにいつもお世話になってます。

a0310573_8444889.jpg


菊池酒造さんは「燦然」を醸しています。
自然栽培の米を使った「木村式奇跡のお酒」や蔵内にモーツアルトを流して酒造りをすることで有名です。

a0310573_847647.jpg


麹室がレンガ造りでした。
初めて見たので興味津々でした。

作りが始まったばかりとのことで酒母がすくすく育っていました♪

a0310573_849250.jpg


スピーカーが何台か置かれていて昨日も心地よい音楽が流れていました。
蔵元杜氏の菊池東さんは音楽家で、酒蔵コンサートなども開催しているそうです。

a0310573_972395.jpg



a0310573_8492440.jpg


そのイベント蔵には池田勇人氏の筆書もありました。

近年では海外からのオファーもかなりあるようで今後が楽しみなお蔵さんです。
こちらもお忙しいところありがとうございました!

a0310573_8581216.jpg


どちらもさらっとレポートしましたが、実際はかなりじっくり見せていただきました。
周りの環境、水、設備、働いている方々、精米、絞り、などなど目で見て体験してお蔵さんの思いを少しでも感じることができて、私たちは今後に生かしたいと思っています。
話しが聞きたい方はお店で声をかけてくださいね(⌒∇⌒)

スタッフ秋花(あきか)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村
[PR]
by inageyaunagi | 2015-11-18 09:10 | 蔵見学
<< 十四代 雄町・泉川 ふな口 報告 羽根屋を味わう会 >>



千駄木にある鰻と地酒の店です。日本酒、焼酎、お酒の会などの情報をお届けしています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
宝剣祭り!
at 2017-04-20 17:29
4/11の十四代
at 2017-04-11 05:59
秋の日本酒の会
at 2017-04-10 10:32
辻善兵衛を味わう会4/4
at 2017-04-05 09:54
7月酒会のメール申込みと4月..
at 2017-03-30 13:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧